ウェッジとパター

    GOLF BOUKENJIMA             

ウェッジとパターの種類

スポンサードリンク



TOP>ウェッジとパター







〜ウェッジとパター〜



この2種類のクラブは、ゴルフをやる中で一番使うのではないでしょうか?


ウェッジパターの出来というのは、スコアに直結します。アマチュアはもちろんのこと、プロもこれが上手いか下手かでスコアの差が出ると言っても過言ではないでしょう。


まずウェッジですが、これはアイアンの一部で、俗に言う「下の番手」に当たります。


グリーンへの距離が近くなってきてから使うクラブで、
PW(ピッチングウェッジ)、AW(アプローチウェッジ)、SW(サンドウェッジ)があります。



3種類ともどの状況でも使用できますが、
通常バンカーではSWを、アプローチにはAWを使う人が多いですね。


そのような方が多いのは、ウェッジ自体がそれ専用にできているからです。
でも別にその通りに使わなくてもいいんですよ。


要はグリーンに乗っけてピンに近づければいいわけですから。
あくまでも一般的にです。


ロフト角がありますから、普通に打ち込めば球をしっかり上げてくれます。球が上がりやすいですから、ボールも止まりやすいのです。


最近のウェッジは溝を角ばらせてスピンを利くようにしているものが多いですね。
アマチュアが打ってもプロのようにスピンがかかり、球が止まります、


私も以前使用しましたが、スピンはよく利きますね。しかし、その代償としてボールの方が削れてしまいます。貧乏性の私はすぐにやめました(笑)。


以上のようにウェッジというのはピンに近づける作業をするクラブですから、非常に重要なクラブな訳です。


もう1つのパターもウェッジ同様に重要なクラブになります。
こちらは主にグリーン上で使うクラブになります。


でもこちらもグリーンだけでしか使用してはいけないということはありません。
アプローチが苦手だという人で、グリーンの周りならパターを使うという人は結構いますからね。


形状は大きく分けると2種類で、「ピン型」と「マレット型」になります。
ピン型はオーソドックスな長方形で、マレット型はかまぼこみたいな形をしています。



どちらを選ぶかは好みやその人のタイプによりますが、
私はフィーリングが一番大切だと思っています。


今はプロもアマチュアもマレットの進化した形のパターを使っている人が多いですね、確かに打ちやすいと思います。


私の場合パターを選ぶ基準にしているのは、
打ったときの距離感を大切にします。



その距離感が自分のイメージと合っているかどうかがまず問題ですね。
それが合っていないといくらライン通りに打っていても、距離が届かなかったり、
行き過ぎてしまったりでスコアがまとまりません。


1ラウンドする間に、普通のアマチュアはこの2種類のクラブを半分以上、
いや3分の2くらいは使うんじゃないですかね。
それくらい使用頻度が多いクラブなので、やはり練習も時間を割かなければいけないです。


それほどウェッジとパターは重要なクラブなのです。


スポンサードリンク




                          


   

  サイトカテゴリー


ゴルフ冒険島TOPページ

ゴルフ発祥の地
ゴルフクラブとは?
ウッド
アイアン
ウェッジとパター
ゴルフクラブ購入
オークションのトラブル
プロゴルファーとアマチュアゴルファー
プロゴルフの賞金
プロゴルフトーナメント
私が好きなメジャートーナメント
私が好きなゴルフコース
海外でゴルフ
ゴルフスコアを伸ばす方法
スコア100切りするには?
スコア90切りするには?
スコア80切りするには?
トレーニング
ゴルフの考え方
ゴルフ肘(スポーツ障害)
腰痛&坐骨神経痛
パークゴルフ
スポーツ観戦・趣味の部屋
サッカーの部屋
野球の部屋

   リンク

ゴルフ関連リンク1
ゴルフコース・練習場リンク
ゴルフサークルリンク
ゴルフ会員権リンク
ゴルフショップリンク
パークゴルフリンク
リンク集

リンクについて

   管理人


プロフィール


     


Copyright (C)  ゴルフ冒険島 All Rights Reserved