パークゴルフ

    GOLF BOUKENJIMA             

パークゴルフ

スポンサードリンク



TOP>パークゴルフ







〜パークゴルフ〜



ゴルフはゴルフでもパークゴルフというスポーツもあります。1983年に生まれたコミュニティースポーツです。


パークゴルフ一番の特徴は、クラブとボールとティーがあればできるということです。


それじゃあゴルフと変わらないじゃないかと思うかもしれませんが、クラブは1本だけなんです。
場所は主に芝生のある公園でやります。


ですからボールも1個あれば大丈夫なんです。
ゴルフより手軽に楽しめるのがパークゴルフです。
発祥が北海道らしく、サイトを見ていても北海道の方のページが多いですね。


名前の由来も、公園でやるからパークゴルフなんです。
クラブは木製かプラスチック製です。重さは600g近辺で
球が上がらないようにロフトはついていません。


ボールはプラスチック製で直径6センチ、重さは80〜95g、色はカラフルですね。
最初に打つときには、普通のゴルフと一緒でティーを使います。


1ラウンドは18ホールでパー66。ストロークを競い合います。
この辺はゴルフと一緒ですね。


プレーをする年代は基本的にお年寄りが多いですが、
最近は若い方たちでもやる方が増えています。
親子3代でプレーをしている家族もいるみたいですね。


ルール上で私が一番驚いたのは、空振りは1打に入らないということでした。
ゴルフよりも球が大きいのに、なんて初心者に優しいスポーツなんだと感激しました。


それになんと言ってもゴルフと比べてホールインワンが出やすい!
ゴルフでは考えられないことですが、パークゴルフならば
その可能性がぐんと上がります。


あの感激はゴルフもパークゴルフも変わらないでしょうからね。といっても私はホールインワンをしたことがないのですが・・・


最近では愛好家の方が増えてきて、2004年の調べでは70万人いるだろうと言われています。


失礼ながら私は最初ゲートボールの新しい呼び名かと思っていました(汗)調べるまでそう思っていたのです。誠に恥ずかしい限りです。



しかし調べるうちに歴史が浅いにもかかわらず、しっかりしているスポーツということが分かりました。


これからもパークゴルフ人口は増えることでしょう。
ゴルフと共に発展することを祈り、私もできる限り応援していきたいと思います!


スポンサードリンク




                          


   

  サイトカテゴリー


ゴルフ冒険島TOPページ

ゴルフ発祥の地
ゴルフクラブとは?
ウッド
アイアン
ウェッジとパター
ゴルフクラブ購入
オークションのトラブル
プロゴルファーとアマチュアゴルファー
プロゴルフの賞金
プロゴルフトーナメント
私が好きなメジャートーナメント
私が好きなゴルフコース
海外でゴルフ
ゴルフスコアを伸ばす方法
スコア100切りするには?
スコア90切りするには?
スコア80切りするには?
トレーニング
ゴルフの考え方
ゴルフ肘(スポーツ障害)
腰痛&坐骨神経痛
パークゴルフ
スポーツ観戦・趣味の部屋
サッカーの部屋
野球の部屋

   リンク

ゴルフ関連リンク1
ゴルフコース・練習場リンク
ゴルフサークルリンク
ゴルフ会員権リンク
ゴルフショップリンク
パークゴルフリンク
リンク集

リンクについて

   管理人


プロフィール


     


Copyright (C)  ゴルフ冒険島 All Rights Reserved